復縁半年間の空白の必要性

| コメント(0) | トラックバック(0)
復縁をしたかったら、半年間は連絡をしないこと。

これはどの本にも載っていることです。

実際私もこの考え方には賛成です。


嫌な記憶を消し去ることは、復縁で大事なことだと

思うからです。

もちろん、別れ方も人それぞれですから、

きれいに別れた場合は半年も空白の期間は必要ありません。


復縁に大事なことは、相手の嫌な記憶が

なくなってから復縁の行動に出ることです。

それまでは、何もしないことこそが復縁では一番大事なのです。



では、半年もの間、何をして過ごせばいいのでしょうか?

半年といったら、ただ待つには長く感じる時間ですよね。

でも半年は決して暇ではないのです。


この半年であなたは、

新しい自分を探さなくてはいけないのですから。

新しい自分。そうです、生まれ変わるのです。


彼ともう一度復縁するために、もう一度出会い直すのです。

そのためには、今までのあなたではいけません。

残念ながら、今までのあなたでは彼はもうときめかないのです。


だから、新しい一面を作って、今までとは違うところを

作る必要があるのです。

ですから、メールアドレスは封印することをオススメします。

もしできないようでしたら、信用の置ける友人にアドレスを

教えておいて、自分の携帯からは削除するなりの、

対処法をしましょう。


どうしても携帯に入っていると、

連絡を取りたくなるものなのです。

こればっかりはしかたがないのかもしれません。


友人に頼んでみましょう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://flagteam-max.net/mtos/mt-tb.cgi/24

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このブログ記事について

このページは、牛窪が2012年4月 4日 23:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「様々な復縁の種類紹介」です。

次のブログ記事は「復縁へ向けた半年間は試練」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。